ヒロイン妄想ブログ
HMB

救世主の教え子と晴れて結ばれ教頭から逃れる為旅立つ美人女教師 “16pics”

2019年12月22日
ストーリー仕立て 0








~男子校の美人女教師 第13話~

※「・・・」 = セリフ   (・・・) = 心の声







まだ経験の無い亮太をリードする祐里菜

祐里菜「あんっ… 入っちゃったよ亮太くん」

亮太「先生の中に入ってる感覚はあるのにまだ信じられない、夢みたいだよ」

祐里菜「もう、大袈裟なんだから亮太くんは… それじゃ動くからね」










ゆっくりと腰を動かし始める祐里菜

祐里菜「あっ、あぁぁん… 先生の中、気持ち良い亮太くん?」

亮太「はい、凄い気持ち良い… こんなの初めてだよ」










祐里菜「今度は亮太くんが好きなように動いていいから先生のことイカせてほしいな」

亮太「う、うん、分かった… なんか緊張するな」

祐里菜「大丈夫だからリラックスして」

亮太「それじゃいくよ先生」










祐里菜「あっ、あぁぁぁん」

今まで祐里菜が経験してきた男達に比べると亮太のアソコは明らかに控えめな大きさ。
敏感体質ゆえに入れられただけでイッてしまうことも度々あった祐里菜は、亮太のアソコ大きさに物足りなさというより不思議な安心感を覚える。

祐里菜「あっ、あぁん… いい
(こんな感覚初めて… 心が満たされる)」


亮太と結ばれるまで、半ば無理矢理犯される荒々しいセックスしか経験したことのない祐里菜。
今までのセックスに比べ身体に感じる刺激は小さくとも、愛し合う恋人同士の優しいセックスに心が満たされていく。

亮太「祐里菜先生!俺… もう」

祐里菜「あんっ、私も… あんっ、一緒に」

亮太「だめだ、イクよ先生!」










祐里菜「あっ、いくぅ… あぁぁぁぁぁぁぁぁん」

亮太「うぅっっ、あぁぁぁぁっ!」










祐里菜「一緒にイッちゃったね」

お互い顔を見合わせ照れくさそうにニコッとする2人

亮太「まだまだ半人前の俺だけど、この先ずーーーっと祐里菜先生のこと守っていくし幸せにするから」

祐里菜「もう、真顔でそんなこと言われたら恥ずかしいよ… それじゃ今度から私のこと先生じゃなく名前で呼んでほしいな」

亮太「じゃ、じゃあ祐里菜さんで」

祐里菜「呼び捨てでいいのに」

亮太「えっ、いきなりそれは流石に無理です」

祐里菜「ふふっ、それもそうね… ねえ亮太くん」

亮太「んっ、なに?」

祐里菜「もう一回しよ」

そして愛し合う2人の初めての夜は、その後も続いたのだった…








そして翌日の朝、柳瀬翔真と同じくクラスメイトの藤枝晃が駅まで2人を見送りにきていた

翔真「教頭のことは心配いらないから安心してくれよ祐里菜先生」

祐里菜「ありがとう翔真くん… みんなが卒業するまでいてあげられなくてゴメンね」

翔真「今まで辛い思いしてきたんだろ… それに教頭が出張から帰ってくる前にこの街から出なきゃいけないんだから仕方ないさ」

祐里菜「引越しのことまでお願いしちゃって… ほんとに助かるわ。必要なもの以外はリサイクルショップに買い取りにだして、そのお金は取っておいて。それが引越しのバイト代ということで」

翔真「ああ、分かった」

亮太「それじゃ、ふたりとも元気でな!みんなにもよろしく言っておいてくれ」

晃「ああ、亮太も元気でな」

翔真「祐里菜先生のこと頼んだぞ!絶対に幸せにしろよ」

亮太「ああ、当たり前だろ」

祐里菜「それじゃ、ふたりとも本当にありがとね」








祐里菜「元気でね」

翔真「さようなら… 祐里菜先生」








こうして祐里菜と亮太は教頭から逃れる為、住みなれた街を離れ安住の地へと旅立った。
教頭を始め温泉宿での一件など、望まぬ快楽を与え続けられセックスに溺れてしまう直前で亮太に救われた祐里菜。

今まで辛い思いをしてきた分、新しい地では幸せな日々を送りたい。
そう、もう一人じゃないんだから…
亮太と一緒に幸せな生活を、、、そう心から願う祐里菜であった…

次回からは新しい地でふたりのラブラブ生活、そこへ祐里菜の過去を知る思いがけぬ人物が!


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

気に入ったらシェア!



祐里菜

当ブログの最新記事はこちらです
良かったら見て行ってね!



同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite

コメント0件

コメントはまだありません